知り合いに事務の仕事を紹介してもらう

非常に人気が高く、求人が出れば応募者が殺到することも珍しくない事務の仕事。
この職業に就くためには、インターネット上の求人サイトやハローワークなどで求人情報を探して応募するのが一般的。

ただ、人気が高いため競争率も下がらず、応募してもなかなか採用されるまでいけない人も少なくはないでしょう。
そういう人は、事務の仕事を紹介してくれる知り合いがいないか、周りを見渡してみてもいいのかもしれません。

そう都合よく仕事を紹介してくれる知人や友人、親戚がいるとは限りませんが、探してみることは無駄ではないはず。

もし身近にいれば、特殊な技術を必要とする職種ではないため、雇ってもらえる可能性は他の職種と比べ段違いに高いのではないでしょうか。

知り合いに転職先を紹介してもらうメリット

いわゆるコネ入社のようなものですが、このように転職先や勤め先を探すことには幾つかメリットが考えられます。
まず、会社の雰囲気や内情などの情報を手に入れやすいこと。
友人や知人など、以前から交流のある人が勤める企業であれば、その企業がどのような社風であるかなどの情報を事前に聞くことができます。
仕事内容も前もって把握することができれば、実際に働くかどうかの決断もしやすくなるでしょう。

入社時にはすでに交流を持っている人や知り合いがいるため、関係を築きやすく働きやすいというメリットもあります。

新しい企業に入社してから、その職場の人たちと良好な人間関係を築くには時間がかかるものですが、その時間を短くすることができるでしょう。
仕事に慣れるのも早くなると考えられます。

事務の仕事が初めてであっても、それまでのキャリアによっては、条件交渉もしやすくなるかもしれません。
間に入ってくれた友人や知人などを介して自らのキャリアを企業に対して的確に伝えることができれば、自分1人で求人情報を探して応募するよりも、給与や勤務体制に関する融通を利かせてくれる可能性が高まるはずです。

知り合いに転職先を紹介してもらうデメリット

一方で、デメリットにも目を向けておく必要があるでしょう。
知り合いの紹介で入社した場合、その企業と相性が合わなかったとしても、すぐに辞めるのは困難。友人や知人の顔に泥を塗ることにもなりかねません。
入社への道筋を示してくれるからこそ、入社前にしっかりと企業の情報を手に入れ、慎重に決断する必要が出てくるのです。

実際に入社するかどうかは別として、周りの人に事務職として働く人を探している企業がないか聞いてみてもいいのではないでしょうか。
もしあれば詳しく話を聞いてみましょう。情報がなければ何も始まりません。