公共職業安定所(ハローワーク)で探す

事務職の求人情報は、ハローワークでも手に入れることができます。
これは国が設置している機関のため、無料で仕事や求人を探すことが可能です。

正式名称は公共職業安定所であり、略称で「職安」と呼ばれることもあります。
ハローワークは愛称なのです。 この機関は全国各地に設置されています。
近所になくて困るという人は、ほとんどいないでしょう。

ただ、地域によって求人数や職種には差があるため、どこでも自分の気になる仕事が見つけられるとは限りません。
それでも事務職は広く募集されている職種のため、細かな条件等に過剰にこだわらなければ、多くの人が働き先を見つけることができるはずです。

施設に行き求人情報を探す方法&職員に希望の求人を紹介してもらう方法

ハローワークで事務職を見つけるためには、主に2つの方法があります。
実際に施設に足を運び、求人情報を探す方法が1つ。
この方法では、施設内にある端末を使い求人を検索して探す方法と、職員に希望などを伝え求人を紹介してもらう方法の2通りがあります。

受付に行くと求職申込書の記入を求められるので、必要事項をそこに記入。
そうすることで登録が完了し、その情報を元に求人情報を探していくことになります。

もう1つは、インターネットを使って求人情報を検索する方法。
自宅にいながらインターネットを利用し求人情報を検索することができるので、在職中に転職先を探す人にとっては非常に便利な方法となるでしょう。

企業の連絡先なども表示されるため、気に入った求人があればその場ですぐに問い合わせることが可能。
以前よりも格段に利用しやすくなりました。
ただ、インターネットによる検索は閲覧可能な求人数に限りがありますし、職員と相談できない分、その企業の詳細な情報が手に入れにくいというデメリットもあります。

求人情報選びに失敗しないようにするためには、やはり施設に足を運んで直接相談した方が安心できるのかもしれません。
ハローワークの営業時間は、施設によってまちまちです。

画像出典元:http://www.city.kasai.hyogo.jp/03sigo/10sigo/01haro.htm

利用の際は事前に営業時間を確認すること

基本的には8時30分から利用することができ17時15分に閉まりますが、特に人口の多い地域では19時まで営業しているところもあります。
また、公共職業安定所のない地域には地域職業相談室が設置されており、これも場所によって営業時間が異なってきます。
10時に開館するところもあるため、利用の際は事前に確認が必要です。
基本は平日のみ利用可能。ただし、これも人口の多い地域では土曜日に開館している施設もあります。
第1と第3の土曜日のみ開館するなど変則的なところもあるので、やはり事前に確認しておいた方がいいでしょう。