一般的な事務職の平均給与額は18万円程度

女性の中には事務職で働きたいと考える人が非常に多くいますが、それはおそらく「楽そうだから」という理由からくるものでしょう。
給料という点に着目してみると、少し考え方が変わる人も出てくるかもしれません。

一般的な事務職ですと、その平均給与額は18万円程度と言われています。
実際に事務求人を見てみても、「18万円から」となっている求人が目立ちます。
やはりこのあたりが相場と考えてもいいでしょう。

正規雇用であればボーナスが出る企業が多いので、それらを合わせると年収で250万円から300万円弱となるでしょうか。
未経験者がいきなり年収300万円を超える給料を受け取るのは、一般事務では難しいのが現実です。

医療事務<営業事務<貿易事務<秘書系

事務職と言っても幾つか種類があり、それによっても年収額は異なってきます。
一般事務と同じ程度か、それよりも若干下がると言われているのが医療事務。
月収は16万円台のところもあり、年収で見れば250万円を少し超えたあたりが相場となるでしょう。
営業事務は年収で300万円を超える額が期待できます。
一般事務や医療事務と比較すると仕事の量や責任も少々変わってくるため、その分上乗せされていると考えられます。

さらにそれを上回るのが貿易事務。
貿易事務は英語のスキルが求められたりなど、他の事務職と比較すると応募資格のハードルが上がることが多く、その分増えて320万円から350万円あたりの年収が相場となりそうです。

秘書系になると350万円前後となりますが、これも一般事務とは異なり教養やビジネスマナーなどの能力があるからこそ就くことができる職種のため、このような額となっています。

企業によっても大きな違いがある

事務職の給与というのは、その種類だけではなく、もちろん企業によっても大きな違いが出てきます。
大企業であれば月収25万円から30万円を提示している事務求人も見つられますし、中小企業であってもIT系やベンチャー系などでは同じように20万円を優に超える額を提示しているところも少なくありません。

また、都市部では事務職であっても給与額の相場が高い傾向あり。地域によっても差があると思っておきましょう。

経験や年齢によってもこれは変わってきます。
事務求人には、「経験や年齢を考慮」という言葉がよく書かれていますが、事務未経験だったとしても、これまでのキャリアがそれに役立つようであれば最初から20万円を超える額を受け取ることも可能です。

仕事内容と給料の額、このバランスを見ながら事務求人を選別し応募してみましょう。
どちらかに偏っても後悔することが多いため、丁寧に吟味することを心がけてください。